旅は人生を変える-南米女子一人旅が私を変えた(旅のきっかけ編)

世界観クリエイターのAsamiです♪

instagramをメインに旅行の発信をさせていただいていますが、もともとは看護師をやりながら、年に1回夏休みに数泊海外旅行に行くような普通のナースでした。

だけど、32歳現在は渡航国数21か国

大好きな国、モロッコのシャウエン

2年前からデザインの勉強をして、フリーランスデザイナーとしての活動も開始。「好きなことをして、自由に生きる自分になる」ために看護師の仕事を辞めようと決意。

こんなに夢を持って行動しようと思ったきっかけは28歳の冬に一人旅で3ヶ月の南米旅に出かけたこと。

憧れの南米大陸。いつか行きたいを叶えたときに、行動しようと思えばなんでもできる。やるかやらないかは自分次第なんだって気づきました。

その時のことを思い出しながら、誰かのきっかけの後押しになればいいなと思って綴ります。

女子一人南米旅に行こうと思ったきっかけはプロポーズ

初めての海外旅行デビューは遅くて、大学生の時の韓国旅行(定番w)

当時の韓国は今みたいに映えるカフェもないし、ただ単に化粧品や服が安くて、ご飯が美味しい。

そんな思い出だけど、初めてのパスポートで国際線に乗る。

冒険をしているみたいでそれだけでわくわくでした。

その後、当時の彼とタイ旅行に行ったり、卒業旅行でケアンズに行ったり。年に1回海外旅行を楽しむように。

(グレートバリアリーフは最高だった!今度は乾期に行ってダイビングしたい!)

大学卒業後、看護師として都内の大学病院で働いて、これまた年に1回ペースの海外旅行。ただ、この時から、「世界の絶景」に憧れを抱いていて、なおかつ30歳になったらきっと子どもを産むから、自由に旅行にいけなくなる!と危機感を持っていて。(現在では30代の方が旅行を楽しんでいます♪)

いつか世界一周に行きたい!!!

と夢を抱くように。毎日毎日世界一周旅行者のブログをみては妄想しながら、でもそのきっかけが掴めずに、行動には移せずに数年経っていました。

年に1回、オーロラを見にいったり(見れなかったけど!)、好きな人を追いかけてトロントに会いに行ったり!(若気の至り)

イエローナイフ到着の飛行機内

25歳のときに今の旦那と出会い、おつきあいが始まり数年経って自然と結婚を考えるように。

プロポーズはミラコスタがいいなぁと言っていたら、本当に誕生日にミラコスタのスイートルームを予約してくれていたのです!

(スイートルームは半年前から予約開始で朝8時ぴったしに電話しないとすぐに埋まっちゃうとか。旦那談)

これはプロポーズやん!!え!このまま結婚したら一生世界一周いけなくなる!

と急に焦り、ミラコスタ宿泊予定3ヶ月前に

「結婚前に世界一周行ってきていい??」

って話しました。

当時の旦那は急に何言ってんだこいつと思っていたでしょうね。もうすでに同棲していたし、プロポーズしようとしているところでまさかのこの発言ですから。

それから毎日大げんか。海外旅行に慣れてない旦那は、「海外=危ないところ」というイメージがあって。

けど私は今後長い人生一緒にいるのにこれくらい行かせてくれない人なら今後一緒にいれないとまで思っていました。別れる覚悟。

そして話し合いの結果、3か月の期間限定でお許しが出たのです!(内心ふられるかもってドキドキしてたのでよかったー♡)プロポーズは延期。ミラコスタはただの誕生日プレゼントになりました。

ミラコスタでもらった誕生日カード

でも3か月で世界一周はかなりハードであることを数々のブロガーさんたちから学んでいたので、じゃあ今後行きにくそうな南米に行こう!

憧れのマチュピチュとウユニにいく!と決定!

憧れのマチュピチュに!

旦那は、またよりによって一番危なそうな地域を選んだな、、と呆れたでしょうね。w

それから即出発!としたかったのですが、なんせ貯金がなかった私。大学病院を4年で退職して、約半年派遣ナースしながらバイトもして資金を作りました。ときには働きすぎて膀胱炎になりながら、、ww

でも楽しいことが待っていると、頑張れちゃうんですよね。

働いて、ブログをみて妄想して、、の日々でした♪

メキシコの遺跡、チェチェンイッツァ

長くなったので、続きます▷▷