スマートフォンでもプロっぽく撮るコツ!『余白』を意識するだけ!

こんにちは!世界観クリエイターのAsamiです♪

ミラーレスカメラや一眼レフを愛用の方も多いと思いますが、

やっぱり重いし、最近流行りのミニバックにも入らなくてかさばりますよね。

私も国内のお出かけやカフェはカメラは持って行かず、スマートフォンで撮ることも多いですが、

その時に意識しているのが、『余白』『奥行き』です!

この2つを意識するだけで、ぐっとプロっぽい写真に♪

今回は第一弾として私が意識している『余白』のポイントを紹介します!

写真の余白って?

写真の余白とは、白い部分、、ではなくて空間のことです。

見せたい被写体を全面に撮るのではなく、あえて空間を作ることで、

より一層際立たせることができます。

そして余白を意図的に作ることで、少しプロっぽく見せることができます笑

余白作りのポイントを実践

今回は近くにあった、ネイルポリッシュを例に解説しますね♪

写真に慣れていない人がやりがちなのが、よくある「日の丸構造」

これだと、全体に目が行ってしまい、何が主役なのか、何を伝えたいのかわかりにくいです。

のぺっとした印象に。

思い切ってずらした方が、空間ができてネイルポリッシュの存在感が引き立ちます。

また、リングと一緒に撮ることでこういうリングと相性がいいんだな

と、ネイルした時のアクセサリーとの相性も想像することができますね♪

余白作りの目安は3分割法

主役にしたいものをどこに置いたらいいのか迷うときは、

「三分割法」を利用しましょう!

三分割法は写真構図の基本で、画面を9分割して被写体を配置すること。

写真の様に線や交差の点に人やものを配置すると、

自然に人が惹きつけられる魅力的な写真になります。

このようなドリンクの写真も、ただなんとなく撮った写真↓

余白を意識して撮った写真↓

余白を意識した写真の方がドリンクが印象的に見えますね!

そしてここでも「三分割法」!!

iphoneではトリミングするときにグリッド線が出るようになっているので、

三分割方を意識したトリミングを行います。

この一手間で写真が魅力的になりますよ!

人が被写体のときはその人の目線に空間を作る

人を被写体にするときは、その人の目線の先の空間を開けると

画面全体が自然に見えて安定感がでる写真になります。

また、視線の先を広く撮ることで、そのさきにあるストーリーを想像できる、

印象的な写真になります。

スマフォカメラのグリッド線を利用しよう

いきなり自然に3分割法を意識した写真を撮るのは難しいので、

カメラのグリッド線を利用しましょう。

写真を撮る時に、この線の上に被写体を置いて撮るだけ!

人に写真を撮ってもらう時も、「自分をこの線の上になる様に!」

とお願いすれば、失敗もありません♪

加工で写真の明るさや色は変えることができるけど、

構図は変えることができないので、とても重要です!

まとめ

パッと見が勝負のSNSは第一印象が重要!

余白を意識するだけで、ぐんっと簡単にプロっぽく写真を見せることができます。

ぜひ、次回写真を撮る時に『余白』を意識してみてくださいね♪